#011「校舎の片隅で……」